性器クラミジアの基礎知識

性器クラミジアとは

 性器クラミジアは、クラミジア・トラコマチスが病原体の国内で最も多い性感染症です。

 感染をしても自覚症状に乏しいため、診断治療に至らないことが多く、無自覚のうちにパートナーや新生児へ感染させることもあるので、注意が必要です。また、口腔性交(オーラルセックス)による咽頭への感染も少なくありません。

症状

男性では排尿時の痛み、尿道の不快感、かゆみなどの自覚症状がでます。女性では子宮頸管炎、不妊などを起こしますが、自覚症状に乏しいことが多いです。また、妊婦が感染していると、産道をとおして新生児に感染し、肺炎や結膜炎を起こします。
また、性器クラミジア感染症をはじめとする性感染症に罹患していると、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)にも感染しやすくなるので注意が必要です。

治療

 抗菌薬で治療を行います。クラミジアはパートナー間でお互いに感染させるため、両者の治療を同時に行うことが重要です。

予防

 予防にはコンドームの使用、感染が疑われる相手との性的接触を避け、異常を感じたら、早めに泌尿器科、産婦人科などの医療機関を受診して相談しましょう。

名古屋市における性器クラミジア定点医療機関あたりの報告件数 年次推移

 名古屋市では、性器クラミジア患者の報告件数が年々増加しています。男女ともに20代の若い世代に多く報告されています。

定点医療機関あたりの報告件数の年次推移を現した折れ線グラフ

名古屋市における性器クラミジア患者の男女比・男女別年代内訳(令和2年次)

※定点医療機関の報告件数を基に作成

性器クラミジア患者の男女比を表した円グラフ

性器クラミジア患者の男性年代別内訳を表した円グラフ

性器クラミジア患者の女性年代別内訳を表した円グラフ